もうRO記じゃない

ROやってました

収集品で900k↑

ここ数日高校野球を見て昼寝して、っていうパターンが続いてました。
んで今日はIRCでのんべんだらりと雑談なんかしてたりして。
さて日記書いて寝ようと思ったら貸し切りのAD行きの話が持ち上がったりなんかして、
結局こんな時間になりました。

日曜のRICH改め羽同盟は傭兵にAspとPltを雇用してのB2防衛でした。
ちなみに羽同盟っていう同盟名の由来は、
Habroc→鷹
Rabbit's Band→兎
斑鳩→鳩(っていうか斑鳩自体鳥ですけど)
で数え方がどれも一羽二羽、という事で羽同盟です。





開幕スタダは先週の雪辱を晴らす意味もあってかあらずかは分かりませんが、
星屑Alt葵F?の同盟が。ランクスレ準拠だと星屑AAって略すのかな。

今回、3Gに戦力を圧縮しての攻城戦だったのですが、
1Gマスターにアクシデントがあり開幕に間に合わず。
ERは2G分の戦力で守る事になってしまいます。
とはいえ、5Gを圧縮していますので防衛配置についた人数が少なかったわけではありません。
突撃に対しゆるぎもしない、なんて言えるほどじゃありませんが、
問題なく守れてはいました。

開始から少ししてすぐの聖Rや、あとの方で天体が来たなんていう話もありましたね。
ただその姿をERで見ることはあまり無かったので星屑AAが封鎖に力を入れていたのでしょうか。

この日俺はロキを担当してたんですけど、
なんか今一ロキの出が悪い日でしたね。
ばっちり満開にはなっかなかなってくれませんでした。
まぁ自分のいる列まで出てくれれば十分なんですけど。

そんな感じで2GでEmCをまわして防衛していたのですが、
20:25頃、ロキ欠けの隙からLP展開を許し、更に相手無詠唱を許してしまいます。
またこの時ロキ鳥が落とされていたようです。
しかし一気に畳み掛けられる事は無く、LPカウンターからロキを交代しての再展開、
ER内の相手勢力の殲滅に成功します。
がこの時RBマスターが落とされてしまい、ERに残るマスターは一人だけという危機的状況。
なんとかRBやAspマスターがERに到着するものの鯖キャンとかでなかなか戦力が揃わず。

隙を見てのHBEmCやRBの残存勢力でぎりぎりの戦いを続けるも、
段々ロキの出が・・・悪く・・・・・・。
なんか負ける時崩される時なんかはいっつもロキが出ない出ない言ってる気がするんですけど、
ほんとに出なかったんだって!
一体何度ロキ不発の間に阿修羅を打たれたことか・・・。
幸いSWと献身のおかげで突撃と突撃の合間とかの阿修羅で落とされることはありませんでしたけどね。

5回6回とアンコールしてどうにかロキが出るかなぁってくらいの状態だったのですが、
20:50頃だったでしょうか。
LPからAltマスターがER内、一番左上の隅っこでEmC詠唱。
とっさに矢撃ちを狙いましたがSC押し間違えて失敗。詠唱を完成させてしまいます。
戦慄が走りますがこれも無事LPカウンターからの鎮圧に成功。
また同時にこの時待望のAspマスターがERに復帰し、
ERの戦力増強に成功します。

が、21:15分頃、ERの防衛線を殆ど崩されてしまいます。
この時ロキの出なさは最高潮でして・・・(ノ-`)
二桁アンコールしたんじゃないでしょうか。
次の突撃までにはロキを出そうと思ってもでなくて。
相手ダンサーが入り込んで、叫び放題叫んでいて。
ロキを被せてだまらせようと思ってもでなくて。
そうこうしているうちにLPが張られ、阿修羅で落とされ・・・

た直後にEmCによりエンペ横へ召還されました。
入り口付近は完全に制圧され、ER内での平地戦。ボコり合いとなります。
もうこれは正直ダメだろうと思いましたが、ぎりぎりのところでどうにか粘ります。
エンペ手前のところからじりじりと戦線を押し戻す中、RBマスターがER復帰に成功。
LPカウンターからロキの再設置にも成功。
再び防衛線を構築します。
この時時間は21:25頃だったでしょうか。
星屑AAは転戦して行きました。

ゆっくり落ち着く暇も無く、派兵メンバーはC1へと向かいます。
C1ではEvoろば7との戦いだったのかな。俺は行ってないので詳細はわかりません。

本城へは偵察がぱらぱらとくる程度だったのですが、
砦前で見張っていてPAのクリエがまた入ったなー・・・
とか思っていると、アサクロ、廃Wiz、パラなんかも次々と登場。
ポタの準備が間に合っていなかったのか各自歩いての登場だったのですが、
次々とB2へ飛び込んでいくPAを見てこりゃ全軍で来たのかなと思ってそう報告しつつ、早々に意識を砦前からERへと移します。

PAの突破力は先週で体験済みです。
最近ではL3を守ってた黒葉も人数差がありながらも防衛線を崩されたとか。
また先週我々がB2を獲得できたのも派兵の隙を突いてのものです。
油断したらやられるかもしれない。
そして決してやられてしまってはいけない。本城を落とされるわけにはいかない。
大事を取って派兵全軍の帰還を進言します。

しかし大事に行き過ぎたのかも知れないですね。
時系列を見ればV3を完全防衛していますし、あれは派兵だったのでしょう。(10人未満ってこた無かったと思いますけど)

そんなわけで、薄氷を踏むような戦いではありましたが、
B2を防衛する事ができました。



ロキやってるとなかなか気付きにくいんですが、
なんだが重たかった気がしますね。
一番印象的だったのが防衛線を崩され、エンペ横に呼び出された後、
戦線を盛り返しロキの配置に着こうとしたとき。
連打してたスクリームがとまらなくて動けない。マジ一歩も動けない。
歩き始めたかと思ったら焦ってクリックした分で右往左往しはじめるし。
二分くらい延々無駄に叫んでたんじゃないですかね・・・。
この調子だと攻め側も大変だったんですかね。
つまり重力に助けられた側面も有り?
そもそも軽けりゃ防衛をあそこまで崩されなかったかもしれないし、
たらればの話をしたって何にもなりませんけどね。
  1. 2006/08/22(火) 11:30:08|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<(~_~;) | ホーム | 斎藤対田中>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mitarasi.blog11.fc2.com/tb.php/488-8dc17fa8

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

さいきんのきじ

さいきんのこめんと

さいきんのとらっくばっく

つきべつ

かてごり

りんく

けんさく