もうRO記じゃない

ROやってました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悪夢

昼寝してました。
酷い夢を見ました。
タイトルをひねる余裕も無いほどに酷い夢を。





夢の中で俺はポタコの統率をやっていました。
19時になったので、もそもそと準備を始める俺。
しかし、ポタコの人数が当初予定していた人数に満ちていない。
この時点で予定が早くも狂いますが、仕方ないので自分のプリもポータル要員として動員させるしかないかと考えます。
とりあえず現在いるポタコさんだけでも集めPTを組もうとチャットを開く。
無事その場にいるポタコさん達にチャットに入ってもらいPT配布。
ところが聞こえてくる悪夢の開始の伝令。
「そろそろ移動開始だからPT編成急げー」
時間はすでに19時半をまわっている。
嘘だろ?もうそんなに経ったのかよ!?
とりあえずメモを取ってもらうべく、
まずは自プリでメモを取りにブリトニアへ。
なぜかブリトニア直通ポタは持っていたものの、それは目的とは違う場所で、テレポを使用し目的地へと急ぐ。
しかしなぜか仕様が変わっているテレポ。
本物のテレポはセーブポイントへの移動、ランダム移動の二種ですが、
夢の中でのテレポは北へ数セル移動、東へ数セル移動の二種でした。
(表示はそれぞれテレポートを使って移動、ランダムに移動、と書かれていました。)
突然の仕様変更に大きく戸惑いながらも、どういった仕様であるかをすばやく看破し"新"テレポを駆使し目標のメモ地点へと急ぐ俺。
しかし、気ばかり焦るせいで(実際は夢だったから、ですが)妙な障害物にはばまれたり壁に埋まったりで中々目的地へと到達しない。
時間がおしてるのに、急いでるのに!早くしなければいけないのに!
なんとか第一のメモ目標地点にたどり着き、ポタメモを取る。
このとき、時間を見て愕然とする。
既に予定移動開始時間を過ぎている。
急いで町へ帰ろうとする・・・がここでさらに愕然。
キャンプ地でセーブをしてない!メモもしてないし、帰れない!
ここから先が詳しく思い出せません(ちゃんとしたストーリーになっていなかったのかも知れません)が、
兎に角キャンプ地を目指して迷走をひたすらに繰り返します。
兄貴森のようなところで役に立たない仕様になってしまったテレポを繰り返したり、
空間転送でキャンプ地を選んだはずなのになぜか別の場所へ飛ばされたり。
どういった経緯でかは分かりませんがキャラセレ画面にまで立ち戻りキャラクターを選ぶも、
なぜか目的のキャラとは別のキャラになってしまう、というのを三回ほど繰り返したり。
結局移動する事ができないまま攻城戦開始時間を迎えてしまい、
当初予定していた作戦が実行できない事に。
同盟全体の士気が物凄い勢いで下がっていくのを全身で感じているところに、
仕方ないのでと目標地点の変更が伝えられます。
未だキャンプ地にすら到達していなかった俺は再び、新目的地に向かって走ります。
しかしこれがまた着かないたどり着かない。いつまで経っても到着しない。
なぜかポタメモが今までと全然違う場所になっていて(←普通だったらおかしいと思うところですが、夢の中なので気づきません)、
しかもそのメモ地点と目標地点の地理関係が頭に浮かばず、
闇雲にテレポをしたりポタに乗ったり・・・
刻々と過ぎ行く時間。20時20分、30分、40分・・・。
ある瞬間を境に視点がROの画面から、そこから一歩引いたPCを操作している自分自身の視点へと移りますが、
そこでは二台のPCを前に混乱していました。
なぜだか紛らわしい区別のつきにくい二台のPC。
RO内での様々な戸惑いにどちらのPCを操作するかの戸惑いが加わります。
俺が一人で馬鹿やって悪戦苦闘してもたついている間に、
キャンプ地ではポタコさんも同盟の人間全員も、
攻城戦が既に始まってかなり時間が経つというのに待機を強いられているわけで。
全く面白くないでしょうし、ストレスもたまるでしょうし。いまさら行動が開始できたところで、
良い砦を取得するには時間の問題でとても難しい。
そしてその責任は全て俺にあるわけで。
泣きそうになりました。嫌になりました。投げ出したくなりました。引退が頭をよぎりました。続ける事は適わないと思いました。落胆しました。絶望しました。
そこで目が覚めます。汗びっしょり。いや、単に部屋が暑かっただけですが。
夢であることにほっとしました。心底安心しました。あんな思いは絶対にしたくない。
今でこそ思い返せば夢であったわけで、いくらでも突っ込みどころは、それこそ無数にあったのに夢の中では気づきませんでした。
夢ってそういうものだと思いますけど。
例えば、文中にもブリトニアだ何だと出てきますが、
その地形とはROのものとは全くの別物でした。
全然見たことも聞いたこともないようなゲーム画面でした。
斜め見下ろし方っていうのは同じでしたけど。
空間転送の言葉から分かるように町も夢の中に出てきました。
それはプロンテラであったりコモドであったりゲフェンであったりアルベルタであったり。
しかしそのどれもが全くの別物でした。
なぜかちゃんとそれはプロンテラである、コモドである、と認識されていましたが。
ログイン画面、キャラセレ画面も全く似ても似つかないもので。
その時俺の脳内に描かれていたイメージをそのまま伝えられればいいのですが、
絵にあらわす技術も無く文章で書こうにも抽象的すぎてどうにも。
ぱっと見でどこをクリックすればどうなる、というのが凄く分かりにくい画面で、
それも夢中の俺の戸惑いを増幅させた事だけは記しておきます。

多分俺以外の誰かが見ても実感の湧かないだろう文章。
それでもかまいません。あぁ怖かった。
  1. 2005/06/26(日) 14:26:42|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<一生懸命なブルージェムストーン | ホーム | 七色に光り輝く人々の素顔>>

コメント

>多分俺以外の誰かが見ても実感の湧かないだろう文章。

いや、結構リアルに想像できたかも。これは怖いわ。
  1. 2005/06/28(火) 01:12:26 |
  2. ザカエル #-
  3. [ 編集]

共感していただけるとは、
日付が変わったわけでもないのにブログを書いた甲斐があるってものです。

怖かったですよほんとに・・・(ノд`)
  1. 2005/06/29(水) 02:22:41 |
  2. Tristan the 5th #JalddpaA
  3. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mitarasi.blog11.fc2.com/tb.php/45-1f66cf49

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

さいきんのきじ

さいきんのこめんと

さいきんのとらっくばっく

つきべつ

かてごり

りんく

けんさく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。